1st full album 『moments』

1st full album 『moments』

2,100

品番 : asg-040
  • 数量:

4,000円以上ご購入でasian gothic label special sampler DVDをプレゼント!
DVDの内容:
■the band apart
8th album "Memories to Go" release live
SMOOTH LIKE BUTTER TOUR
10/15 東京・渋谷 TSUTAYA O-EAST公演から、「ZION TOWN」のライブ映像1曲
■□□□(クチロロ)
7月リリースのミニアルバム"LOVE"収録の「良い愛」を特典のためだけに
編集したライブドキュメントミュージックビデオ
■sans visage
1st Album "moments"から初となる「denial」のミュージックビデオ

※特典無くなり次第終了となります。

M-1 : 22
M-2 : song 1
M-3 : song 2
M-4 : worthless
M-5 : denial
M-6 : alt
M-7 : barricad
M-8 : distance
M-9 : life
M-10 : sway
M-11 : past
日本 東京 地下から轟く咆哮。
the band apartが主宰するasian gothic labelから初の新人バンドがリリース!
このバンドの音を聞く人は、世代によって様々な感想を得ると思う。90年代に、メインストリームとは一切かけ離れ表出した、いわゆるポスト・ハードコアと呼ばれる音楽を彷彿させる印象を抱く人。
そして現在2010年代を見回した時に、全く未知のサウンドとしての出会いを感じる人。しかし、共に一致する点は、時代の流れやチャートを席巻する音楽とは全く違った、日本そして東京の地下から突如湧き上がった異形の存在として、彼らの轟音が聞く人の耳を覆う事だろう。
彼らのライブを初めて見たのは、ライブハウスでは無かった。中央線沿線のとある駅に近い、リハーサルスタジオ。
昨今の整った音響設備もなく、ステージも客席も仕切りのないフラットなフロアの中で、100人に近い若者たちがそのスタジオに集まり轟音に熱狂していた。メンバーも全員が20代前半、客もほぼ同じ位の年齢層に見えた。彼らが80~90年代のポスト・ハードコアをリアルタイムに過ごしていない事は明白だった。しかし、2017年の今、確かに地下世界の最深部で激情と轟音が鳴り響いていた。
リリースのきっかけは、レーベルの主宰でもあるthe band apartベースの原が「友達にかっこいいバンドがいる」と言った一言から始まった。17年5月にはasian gothic label企画の大阪服部緑地野外音楽堂でのイベントで、toe、YOURSONG IS GOOD、the band apartとの共演の中、得体の知れない彼らに唖然とする1000人の観衆を前に演奏した。
そして、今年の秋、録音エンジニアにオーストラリアの盟友HCバンド「Blind Girls」のLiamを迎え、全11曲を2日間、全て一発録音で完成させたこの音源が出来上がった時、「あの頃」という言葉ではなく、「全く新しい何か」を感じる事となった。
このバンドがチャートを席巻したり、テレビの音楽番組に引っ張りだこになるような可能性は0に等しいだろうと思う。
しかし、アメリカ、イギリス、スウェーデン、フランス、イタリア、カナダ、シンガポール等の多くの海外バンドの来日サポート、そして自身のオーストラリアツアーも経て、すでに海外での評価も高い。
万人に受け入れられる事が無くとも、確かにsans visageというバンドがこの時代に存在したことの確かな証となる1stアルバムであろう。

[sans visage profile]
2013年活動開始。
2014年1st DEMO、15年に2nd DEMOを発売。
2016年12月 Blind Girls(オーストラリア)とのスプリット
CDをリリースし、17年2月にオーストラリア5都市を周るツア
ーを行う。
その他に、Duck(アメリカ)、Memory Map(アメリカ)、
Calculator(アメリカ)、Departures(イギリス)、No
Omega(スウェーデン)、Careless(スウェーデン)、
Shirokuma(スウェーデン)、Time To Heal(スウェーデン)、
Shizune(イタリア)、Birds in row(フランス)、I hate sex(カ
ナダ)、Piri Reis(マレーシア)、False Plaintiff(シンガポール)
、Diploid(オーストラリア)等の海外勢の来日サポートも多数
行なってきた。

CHECKED ITEM

1st full album 『moments』